TOP

風俗でプレイしている時に警察がいきなり入ってきた・・・この先は体験談で!

高級デリヘルは1人のお客様を大事にしている

大衆店や一般的なデリヘル店のように価格が低ければ、接客や女性の容姿が悪くても何となく理解できるしお金を必要以上に払っていないので納得して頂けるかもしれませんが、価格が高い高級デリヘルの場合ですと、顧客が離れてしまう可能性が十分にあります。高級デリヘルでは1人の顧客を大事にしていかないとお店にとっては大きな打撃になってしまいます。大衆店や一般的なデリヘル店と違って抱えている顧客は少ないので、1人1人の顧客に対して100%の接客を求められてしまうのが高級デリヘル店なのです。高級デリヘル店では1日の接客回数が一般的なデリヘル店と比べて約半分程度になります。ですが、1回の利用料金は一般に比べて2~3倍はあるので1日数人の接客でも十分に稼げてしまうのです。しかし、次の接客までの間が長いことも高級デリヘル店では悩みでもあります。長い待機時間を経てしまうと女性のモチベーションも下がります。待機時間無いに寝て待てれば良いのですが、いつ電話が鳴るかわからない状況なので気が抜けません。中には個室の待機所があってそこで自由に過ごすことも出来ますが、仕事にきているので気が張りつめた状況が続くので普段リラックスしている状況よりも格段に疲労感を感じます。高級デリヘルでは毎回最高のパフォーマンスをしなければいけないので、一回寝てしまったりすると頭が回りません。ですので、仮眠すらも取らないほうが常に気を張っているので最高のパフォーマンが出来ます。ですが、これを苦痛に思っている女性も少なからずいるかと思います。中には常に仕事をしていたいと思う女性もいますのでその女性にあった働き方を提供するのもお店側の努力と言えるでしょう。繁忙期の際は良いかもしれませんが、閑散期は辛抱してもらう他ないかもしれません。高級デリヘル店では在籍女性への気遣いはもちろん必要ですが、顧客に対しての接客サービスにも十分配慮しなければいけません。高級デリヘルは元々少ない顧客数で運営しているので、例え1人の顧客を逃してしまったとしても損害は大きのです。1人でも顧客を逃さない為にも毎回最高の接客サービスを提供しなくてはいけないのです。少しでも粗相をそてしまえば、雰囲気も壊れてしまいますし、折角利用してくれたお客をがっかりさせていまします。がっかりしたお店を次回また利用したいと思いますか?思わないですよね。そういった注意も十分に必要なのです。


開店割引きがあるのです

前に利用したときにガールズバーの女の子から開店時に並んでおくといいことがあるよ、と教えてもらっていたのです。そのときに「いいことって何?」って聞こうとしたのですけど、女の子のほうにコールがかかっていなくなったから聞けずじまいで、開店時に行けるというか並んでおくのは平日休みしか無理かなと思ったのですが、さすがに休んでまではちょっとと思ったので、土曜日に気合い入れて行ってきましたよ。開店といっても午後からですからね。土曜日だし多いかなと思ってそのガールズバーのある雑居ビルの前に行くと6人くらい並んでましたよ。まあほどよい数というか、これだったら待ち時間もなくすぐに座れるなと思ったので最後尾に並びました。前の人にいいことって何?って聞こうと思ったのですけどここまで来たのですから、入店してからのお楽しみにしておきます。開店10分前に女の子が降りてきて、エレベーターに案内してくれます。それで入店してみるとすぐに席に案内されて女の子が来てくれます。わくわくしてたら、開店割引きとマンツーでした。これはこれで嬉しいですよね。


キャンセルがあって人気の女の子に当たる

受付けには男性若いスタッフが二人です。応対は普通です、親切丁寧でもなく悪くもなくって感じで良いように言うと今風ですね。かといって嫌みの有る感じではなくて、しつこい接客よりもこちらのほうがあっさりとしていて好感が持てますよ。週末で込み合っていたのですが、良い感じでキャンセルが入って私がそこにスコンと収まることができました。人気のソープ嬢との事でとてもラッキーでしたね。暫くしてコールがかかり女の子と対面してプレイルームに向かいます。まずは軽く雑談しながら一服し、セルフ脱衣となりますが、脱いだ服のたたみ方が他の店と違ってとても丁寧でした。シャワーを浴びて、一通り洗ってもらい、バスタブでイチャイチャしながらの潜望鏡と言うおきまりの流れなのですが、フェラチオがとてもうまくて、そこで逝きそうになったので我慢してベッドプレイとなりました。欲情感がマックスだったので、ゴム着正常位で一気にピストンで発射してしまいました。