在庫管理をシステム化する

在庫管理 | 投稿者: admin
5月 22 2014 年

会社にとって商品はとても大事なものですが、大きい会社であればあるほど、たくさんの種類の商品の在庫を抱えている傾向があります。在庫状況は逐一変わっていくものであり、正確に在庫状況を知るのはとても大変なことです。月に一度棚卸をして、細かく在庫状況を管理している会社も多いです。商品の在庫が多いと資金繰りを圧迫してしまいます。逆に在庫が少ないと商品が足りず、販売できないどころかお客様の信頼も損ねてしまうことがあります。そのため、正しい仕入れ状況にしておく必要があります。在庫管理は、人の手で数えながら管理をしていると、ミスが起きる確率も高く、何より時間がかかります。人件費もかかってしまいます。そのため在庫管理システムを構築して、管理できる体制を整えておくと、業務がとてもスムーズに行えます。どのように管理するのかというと、販売業の場合にはPOSシステムを利用したり、納品時にバーコードなどを利用して登録したり、様々な方法があります。コンピューター上で管理することで、在庫の数などを一発で表示することができるので便利です。データ化してあれば、売上や消費の平均値などもすぐに出すことができるので、今後の予測を立てる時にも非常に便利です。データ化しておくことで、ペーパーレスにすることもできるので、在庫管理に関わるデータを保管しておく場所も少なくすることができます。データ化しておくと、すぐに他の人とも情報を共有することができます。

在庫管理について重要なこと

在庫管理 | 投稿者: admin
5月 21 2014 年

ネットショッピングや店舗運営に関して最も重要なことは在庫管理です。在庫を適切に管理しなければ運営を圧迫するまでの費用が発生してしまいます。また、逆に適切な在庫管理を行うことによって顧客に最大限の利益、つまりベネフィットを提供することが可能となります。このベネフィットを提供することはビジネスの基本となります。ベネフィットを顧客が感じることによって、そのサービスを利用したいという動機になるからです。では、どのように在庫を管理すれば良いのでしょうか。在庫を管理する方法にはいくつかあります。まず基本的なものが人手を使って把握する方法です。この方法は人手がかかってしまうので、何人も雇えない中小企業の場合はあまり現実的ではありません。しかしながら、在庫を管理する担当者を一人置いておくことによって機動的な管理が可能となり、在庫不足を防ぐことができます。人手を雇う余裕がある場合には考えたい方法となります。次に、管理システムを利用した方法です。管理システムは各ASPなどが提供しています。在庫管理システムを利用することによって、管理の手間を大幅に防ぐことができます。したがって、あまり人手を雇うことができない中小企業であってもシステムをいったん導入してしまえばそのシステムの操作にしたがって在庫の管理を行うことができるので非常に便利です。まずは、こういった管理システムの導入を検討することがビジネス成功への近道となります。

在庫管理とは在庫物に対してコストを最小限に品質を保つこと

在庫管理 | 投稿者: admin
5月 20 2014 年

在庫管理とは管理される在庫物に対して、品質の低下や価格の低下を最小限の費用で防止し、要求される搬入出の量と時間を十分できる状態に保つことである。在庫を抱えることはコスト要因になるため、在庫管理は出来るだけ在庫を少なく抑えることが目標である。しかしながら、在庫が不足するとサービスレベルが下がる可能性があるため、在庫を持つことに伴う在庫コストとサービスレベルをうまくバランスさせる必要がある。以前は計画生産という言葉で代表されるように、需要の伸びを見越した右肩上がりの計画がもととなり、搬入されたものをどのように出庫するかという点に力が入れられた。しかし、需要がより多様化を求めるようになると、このような計画生産は用をなさなくなり、後には在庫が山と詰まれる自体が生じた。トヨタ自動車のカンバンで代表される取引方式がこの問題の解決方法として浮上した1970年代、各企業はこぞってこれを導入した。在庫には原材料、仕掛品、製品、輸送段階にある在庫、予備在庫等の区別がある。在庫管理業務・受け入れ・検収 仕入先よりの原材料・返品処理・棚上げ・出庫・返庫・棚卸・製品入庫・保管・製品発想在庫に過不足が生じると例えば以下のような問題が生じる。・需要に対して製品在庫が不足すると販売機会を喪失する。・原材料や部品の在庫が足りない場合には、製造が停止し結果として販売機械を喪失する。・原材料や部品の在庫が多すぎると使いきれず廃棄が生じる。