>  > 池袋の風俗店とその町並みを紹介

池袋の風俗店とその町並みを紹介

池袋では大きな歓楽街の中に風俗街があり、その中でも非常に多いのが箱型ヘルスで通称箱ヘルと呼ばれています。路面店ではヘルスが池袋の中で一番多く点在しているのですが、デリヘルの場合だ路面店舗型のヘルス店よりも遥かに多い数になります。池袋だけでも恐らく60店舗近くはあり、路面店よりもデリヘルのような無店舗型風俗店が多いことがわかります。池袋の風俗店はお店の多さから様々な業種があり、池袋だけでほとんどの業種を体験できるのでユーザーの性癖に合わせてお店を選べるのが非常に良い点ではあります。池袋は複数の路線が乗入入れているビックターミナルでもあるのでアクセスも非常によく、池袋の風俗を利用する上では非常に有効なのです。そういった面も含めて池袋の風俗店は栄えている要因になっているでしょうし、世界でも乗降人数が多い有数の街ですので風俗を利用する機会は他のエリアに比べて非常に多いのではないでしょうか。観光地としても有名な池袋ですが、男性ユーザーからすると池袋は歓楽街のイメージの方が大きいでしょう。池袋は複数の出口があり、その出口によって池袋の印象が違ってきます。歓楽街方面は北口や西口方面へ、買い物や観をしたいのであれば南口、東口から向かうことが出来ます。池袋は線路を挟んで南と北で大きく街の作りが違います。歓楽街を悪く言ってしまうようですが、陰と陽のようなになる対極的な存在あと私は感じています。歓楽街を連想させる北口方面では風俗というマイナスなイメージが強く、風俗に対する偏見からこう思ってしまってるのではないかと思いますが、女性の観点からしても北口はあまり良くないイメージを持っていると思われます。また治安の良さや悪さも関係してることでしょう。池袋はもともとそんなに治安がいい街ではありません。特に歓楽街や風俗街のある北口では正直治安がいいとはいえません。多くの若い人が居ますし、風俗店以外のキャッチをしている人も多く少し面倒な街でもあります。また北口では中国国籍の方が多く、小さなチャイナタウンのようになっています。飲食店も中華料理店が多く、一般的な定食屋よりも中華料理屋の方が多いので、中華好きな方は非常にありがたいのではないでしょうか。風俗の街として名をはせている池袋ですが、オフィス街も多く働く人が多い街でもあるのです。働くひとが多いところでは風俗店も多く開店していますので池袋のように風俗店を運営するのであればオフィス街の近くで運営すると上手くお客を囲えるかもしれません。

[ 2015-08-28 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

風俗店をお探しなら東京都池袋で人気の【人妻紹介センター】